日本人にとって身近な存在の台湾で、サマーキャンプ

世界の国や地域の中でもっとも身近な存在といわれるのが台湾ですが、中国語の留学に加え、近年サマーキャンプに人気が集まっています。

日本から飛行機でのアクセスも良く、親日家が多く治安も安定いて、食事の味覚も近い事で、旅行だけでなく生活面も安心で、時差も1時間しかないので現地での生活にもすぐ溶け込めるでしょう。

台湾のサマーキャンプでは小学生から参加できるコースがあり各地で開催されていますが、台湾で最大規模の都市経済圏を擁する台北が特に人気です。

8月の時期に約1週間にわたって数回ほど行なわれる台北でのサマーキャンプは、親子で参加できるのがうれしいです。


台北市内の日本語学校に通っている子ども達と英語や中国語を交えながら意思疎通を図りますが、言葉に詰まったときは漢字で筆談できます。



また、積極的に知っている英語や覚えたての中国語をどんどん使って同じ世代の台湾のお友達をいっぱい作ってみてください。



台湾や香港の人たちに見られる傾向として挙げられるのが、中国語、または広東語プラスワンの外国語を考え実際に実行している人たちが多いのが特徴です。



全体的な教育レベルも高く、広い視野で物事を考える国際感覚を身に付けている家庭も多いので異文化交流も楽しみになってくるでしょう、親御さん達は中国語のクラスに参加でき、オプションになりますが、台北市内の現地のお茶体験などのツアーを楽しめます。

また、サマーキャンプの開催中は、現地の台北で24時間シフトで日本人スタッフが何か困った時のためにサポートしているのもまた人気の理由に挙げられます。