ヨーロッパのリゾート地で、サマーキャンプ

シチリア島の南に位置していることで、地理的にも文化的にもイタリアに近い地中海に浮かぶヨーロッパのリゾート地、マルタでのサマーキャンプに注目が集まっています。
イギリス連邦加盟国で公用語が英語、一年を通じて温暖な気候で治安も良いことで、観光だけでなく留学やロングステイの人気国としてヨーロッパでは広く知られています。



また、留学生の比率が非英語圏の欧州人が多いことで、異文化交流をほかの英語圏より満喫できることで、毎年日本人の留学やサマーキャンプへ参加が年々増加の傾向にあります。
マルタでのサマーキャップは中学2年生〜高校3年生を対象としたもので、1週間15時間の英語のレッスンを含む、プログラムの中には島内の観光やゲームなどを通じて各国から集まってきた同年代の学生と交流を楽しみます。



マルタのサマーキャンプの滞在先は一般的にホテルとされ、安心してプログラムに参加するには、日本から添乗員が付くパッケージツアーの利用をおすすめします。

パン関連はチーズ、シーフードは胡椒やガーリックベースなど料理はイタリア文化の影響を受けているため、食生活での心配はあまりないといわれています。世界各国の旅行者を魅了するマルタの美しい海や世界遺産に登録されている首都バレッタの歴史地区の散策など、地中海の風景を見ながらの生活は毎日が楽しいと評判です。



サマーキャンプは2週間ですが、主催している学校では夏休みの期間を利用して英語学習のため中高生向けに1週間〜の短期留学コースを用意していますので、期間的なものでそちらを優先するのも良いでしょう。