人気のセブ島でサマーキャンプに参加する

アメリカやイギリスといった欧米に加え、オーストラリアやニュージーランドが毎年留学やサマーキャンプが人気の中、近年注目されているのが東南アジアで、特にフィリピンのセブ島が話題を集めています。



治安面もセブ州にはリタイアメントされたひとや経営者をはじめ多くの日本人が暮らしていて、学校も安全な地域にあるので、環境面も安心です。



サマーキャンプの教育プログラムにも定評があり、受け入れ側に関しても子ども達の生活に関してのサポート体制も整備されているので年々人気が高まっています。

数あるサマーキャンプの中で、リゾートホテルの中でアメリカ式英語を学べる学校では、世界各国の同年代の子ども達と少人数制によるグループレッスンを積極的に行なっていて、小学生から参加できます。
また、セブ島が擁する魅力ある自然を背景に自然やサイエンスなどのプログラムを採用し、英語を身体で覚えながらアメリカ式の教育システムにより国際感覚を身に付けていきます。



また、人気のサマーキャンプの中には、コミュニケーション能力の中で大切なもののひとつといわれるボキャブラリーの強化や体力面にも考慮して体育の授業を取り入れているところもあります。

小学校3年から参加できますが、親御さんと子ども二人で参加で、下のお子さんがまだ小さくて条件に満たない場合は、マンツーマンレッスンが用意されているので、安心です。


滞在システムも家族専用かほかの子ども達と一緒に生活するドミトリータイプがあり、好みや目的によって選べ、看護師の人たちが24時間での勤務シフトで常駐しているので、生活面も困ることがないでしょう。